国立近代美術館の常設展は素敵

近美で、びじゅつたんていしてきた。

この建物、ブリヂストンの石橋正二郎氏の寄贈。

大人物、、、

 

誰もいない泣

 

山口長男と岡本太郎

 

近代美術のハイライト①

外国の方が、チラホラ。

常設展の活用方法として、企業研修や

学習塾のアクティブラーニングに使えたらいいと思う。

義経

 

岩絵具 じーっ👀

細部には神が宿る。

 

靉光 眼のある風景

日本のシュルレアリスム。絵具の塊や絵肌の生命感が、生々しい。

作品に、睨まれる。

 

梅原龍三郎 北京秋天

岩絵具と油彩のミックスが、巨匠の個性。

緑青と赤色が響いて、、

日本画や洋画といった枠組みを超えてる。

片目で見ると、飛び出してみえるとのこと。

鑑賞教育には、もってこい。

コレだけみて、500円ダゾ。

 

これは、、、

 

これは、、、、

 

これは、、、、、

素材の美しさにうっとり。

加山又造の屏風がすごすぎる。

安土桃山や江戸の傑作にもまさるとも劣らない。

自然や宇宙の賛美を感じる。

絵師ってすごい。