サントリー美術館の素晴らしい展示2

この透明感。

 

日本の青。

 

日本の朱。

 

日本美術ってすごいと思わせる、サントリー美術館がすごい。

天井の低さや光と影のバランスが、作品に五感を集中させる。

展覧会は6月2日で終了、でも時間が経ってまた見たいと思わせるモノ。

こういった質の高い展覧会は、果たしていつまでみられるのか、、、

 

茶碗の小宇宙。

 

めでたい。

漆や蒔絵の美が、日常レベルにあった時代がすごい。

展示室の彼岸と此岸。この世とあの世。

向こう側にある、のぞいてみる作品の素晴らしさ。

 

nendoさんの作品も良かった。

最初にあった作品。映り方も美しい。

 

自分にも美の基準、感じるチカラがあったのかと

思わせる展示だった。