春画とシャネルと黒田清輝

丸窓の向こうにある喜多川歌麿の春画。

シャネルだから許される部分は大きいかも。

格調は高い。

コレ、黒田記念館の特別室。シャネルの展示と照明が同じ様。

撮ってよし。

左から《舞妓》《読書》《湖畔》。

黒田記念館にある作品。

実は、この作品の良さが分かったようで、分からない。

今の藝大の先生の方がイイと思う笑

(続く)