扇の国、日本

イイ展覧会でした。

扇というと、将棋の棋士を連想します。

 

 

消耗品だったモノが、今では美術品として

トンデモない価値になってしまった例です。

 

これだけ扇がまとめて見られるのは

滅多にないことかな。

 

最後に展示してあった、長崎の出島の本がよかった。