日本美術探偵 (モネ それからの100年 in 横浜美術館)

快晴すぎて暑い。   横浜美術館はインスタ映えするかも。

さすが丹下健三先生。

 

日本美術探偵で、「モネ  それからの100年」展に行きました。

モネの色やタッチが、後の画家に大きな

インパクトを残した、、、

そんな内容です。

 

モネの絵を見比べるもよし。

隣の絵同士や向かい側にある絵同士を比べるもイイ。

 

東京都現代美術館にある、マークロスコの『赤の中の黒』。

モネの夕日の色や風景、背景の色にも見えてくる。

モネの絵は、見つめていると見えてくる。

見つめる時間や空間を封じ込めた作品。

絵を観て、自分なりの発見があるのが、美術探偵。

何通りもの発見があるのが、傑作だと思う。

写真や映像ができることを先取りした巨匠を

少し理解した

すばらしい一日。