藝大創立130年記念音楽祭 邦楽 百花繚乱

1月6日、藝大創立130年記念音楽祭

邦楽  百花繚乱に

行ってきました。

 

音と音に 間があるのが、心地よく

新年に相応しい響き。

世界最古のオーケストラ  雅楽。

 

一期一会の演奏で、歌舞伎・日本舞踊・能、足音さえも芸術品。

一つ一つの動きが、たいしたもの。

きほんの「き」が出来てこそ、凄みが出せる。

卵焼き・目玉焼きが出来てこそ、、、

 

人間国宝ばかりの出演、芸ではなくて、藝。

第二部は、《高砂》・《羽衣》の仕舞、

半能の石橋での観世・宝生の共演。

   

 

休憩を入れて3時間の企画。

 

個人と流派、流派あっての個人。

でも、流派を越えた藝の一日。

心が動いて、感動になる。