石内都・草間彌生

    

石内都の初期の作品。

 

肌理と写真と銘打った展覧会、素晴らしいと思う。

石内さんの作品は、mother’s以降、

初期とは違った凄み。

 

ひろしま、フリーダ・カーロ、絹の夢、

被写体が歌舞伎役者の見得を切っているよう。

写されたモノが、動きの中で静止して、

感情の高まりを表している瞬間が

記録されているようだ。

 

草間彌生は、原始のパワー。女岡本太郎。