はんにゃんオフィシャルサイト はんにゃんブログページへブログはこちら

アプリでバッチリ教養を。東京藝術大学卒業生が企画・監修
「恥をかきたくないオトナのための 日本美術三大ジャンルQuiz600」
来春発売

日本美術アプリ制作委員会(所在地:神奈川県横浜市代表:山本 淳)は、2018年3月、日本美術(日本画・洋画・浮世絵)の国宝・重要文化財・名作の教養を気軽に楽しく学べる「恥をかきたくないオトナのための 日本美術三大ジャンルQuiz600」をリリースいたします。
国内外で日本に対する興味・関心が高まるなか、日本人、特に大人が知らないと恥ずかしい日本美術の知識を600問で身につけられるアプリです。

ゲームトップ画面
  • アプリの特徴
    1. 東京藝術大学卒業生が企画・監修
    2. 鮮明な作品画像付き「日本美術クイズアプリ」は史上初
    3. 全問4択!簡単クイズアプリ
    4. 日本画・洋画・浮世絵限定で親しみやすく、解説も三行レベルで簡潔
  • 東京藝術大学卒業生・学芸員資格保有者が企画・監修
    600問に及ぶ日本美術のクイズは、東京藝術大学卒業生であり学芸員資格保有者でもある代表が企画・監修した充実の内容です。日本画、洋画、浮世絵の日本美術の三大ジャンルから、国宝、重要文化財、名作をピックアップ。作品にまつわる基本的な情報から、思わず人に話したくなるような面白い豆知識まで、ユーモアを交えた質問で無理なく楽しみながら教養を身につけることができます。
  • 鮮明な作品画像付き「日本美術クイズアプリ」は史上初
    従来、試験対策等を目的とし美術史や作品の知識を扱うアプリはありましたが、作品の鮮明な画像をふんだんに使用し、様々な角度から教養を深めることができる日本美術をテーマとしたクイズアプリでは史上初となります。
  • 全問4択!簡単クイズアプリ
    各クイズは全て4択形式ですので、日本美術を鑑賞しながら気軽に参加できます。例えば国宝、俵屋宗達作「風神雷神図屏風」についてはタイトル、作者名のような基本的な質問のほか、「風神はどっち?」「背景に使われているのは?(金箔・銀箔・鉄・プラチナ)」「所蔵先はどこ?(京都・東京・奈良・広島)」など、ひとつの作品につき、約5問~15問の問題で、クスッと笑える選択肢も数多く用意しています。
  • ゲーム出題画面
  • 日本画・洋画・浮世絵限定で親しみやすく、解説も三行レベルで簡潔
    クイズの範囲は日本画、洋画、浮世絵の日本美術三大ジャンル限定で、学生からシニア世代まで幅広い層の方々に日本美術の基本的な知識を身に着けて頂けるよう工夫しています。クイズ解説も三行レベルと簡潔にまとめてあり、無理なく学べて自然に頭へ入ることを心がけています。
  • ゲーム解答正解
  • 『はんにゃん』が楽しくナビゲート
    オリジナルキャラクターの『はんにゃん』は、日本の伝統芸能のPRのために頑張る、能面の女の子です。大人も子どもも、海外の方も、肩肘張らずに伝統芸能に親しんでもらうことを目的に誕生しました。(ぬいぐるみや文房具などのグッズも発売中です。)アプリではクイズの解説を楽しくナビゲートします。
  • ゲーム解答間違い
  • アプリ誕生の背景
    2017年は、東京国立博物館での運慶展、京都国立博物館での国宝展、また全国各地で葛飾北斎や琳派の展覧会が開催されるなど大盛況で国内の日本美術に対する関心・興味は大変高いものがあります。
    一方、訪日外国人が増加し国際交流が深まるなか、世界中からの日本文化に対する興味・関心も急速に高まってきております。このような現状に反して、今の日本人には自分たちの国の文化・美術に対する知識が乏しく、対照的に海外の方のほうが熱心という逆転現象が起きていると感じています。

そうした危機感もあり、日本人だからこそ是非とも身に着けておきたい、特に大人が知らないと恥ずかしい日本の知識を得て頂くため、日本文化、特に日本美術への親しみを高め、極力ハードルを下げて楽しく教養を身につけて頂く手段として、クイズ形式のアプリを用いた「恥をかきたくないオトナのための 日本美術三大ジャンルQuiz600」を企画することと致しました。日本美術をテーマにしたクイズアプリは、ほぼ前例がありません。本アプリは、他に先駆けて2018年3月リリースを目指し開発中です。(今後は英語版のリリースも予定)

ありがたやはんにゃん

<代表経歴>

  • 日本美術アプリ制作委員会 代表山本 淳
  • 1980年横浜生まれ
  • 2003年慶應義塾大学法学部卒業
  • 2010年東京藝術大学美術学部芸術学科卒業
  • 現在は、会社員時代にデザインした能・狂言・伝統芸能助っ人キャラクター「はんにゃん」を発表し、2017年3月同キャラクターのLINEスタンプを発売するなど、伝統芸能のイメージブランディングや地方創生事業に携わっております。

<商品概要>

アプリ名 恥をかきたくないオトナのための 日本美術三大ジャンルQuiz600
発売日 2018年3月予定
価格 有料(未定)
協力 (地独)神奈川県立産業技術総合研究所KISTEC
合同会社オン・ザ・ハンモック/アプリレーベル on The Hammock

<運営団体概要>

団体名 日本美術アプリ制作委員会
所在地 神奈川県横浜市神奈川区白楽32-7
代表者 代表山本 淳
TEL 090-8034-5239
URL http://hannyan.tokyo/

<問い合わせ先>

団体名 日本美術アプリ制作委員会
担当者 山本
TEL 090-8034-5239
E-MAIL j_yamamoto@kdf.or.jp